cover image
📗

Potentialight Hand Book

0. 本資料 (Potentialight Hand Book) について

本資料は、ポテンシャライトと取引をする前段階でよくいただく質問の回答を記載しております。
メッセージ/お電話などでご質問をいただいても問題ないのですが、共通認識のレベル感を上げるためにテキストで細かく記載をさせていただいております。
一部、グラフィックなどを用いて説明をしておりますので、楽しんでいただきながらご覧いただければ幸いです。
 
では、ご覧くださいませ!
 
<目次>
 
 

1. どの方が担当してくれるのですか?

 
  • 支援内容次第ですが、基本的には下記です。
    • メインメンバー:1名
    • サポートメンバー:1名
    • (これに加え上級メンバーがサポートにつきます)
  • 当社のどのメンバーをアサインするかは下記基準で設定しています。
    • 支援内容領域に強みを持つメンバー
    • 担当したいという意思を出したメンバー
    • その企業様との相性(社数/人柄など)
    • 工数に空きがあるメンバー
  • 週に2〜3回、山根/小原が支援企業全社の状況を聞き、アドバイスをする時間を確保しております。その時間にクオリティ担保をしておりますので、ご安心ください。
    • この週に2〜3回という時間とは別に、いつでも山根/小原に質問ができる環境構築をしております。
 

2. 経験が薄いメンバーのアサインはちょっと…

 
  • 前提としてポテンシャライトでは、長時間の研修があり、その研修を終えているメンバーになります(詳細は後述)
    • 経験が薄いメンバー 1人 のみで支援することはありません。 
    • 山根/小原/その他経験豊富なメンバーがフォローアップに入っておりますのでご安心ください。
      •  

3. どのような教育/研修をしていますか?

 
  • まず下記をご覧ください。
notion image
 
  • おそらく、HR業界において日本で最も実用的で、且つわかりやすく、レベルが高い研修をしているつもりです。
    • これまでのウェビナー動画、またブログ閲読はマストにしております。
    • また、毎朝の朝礼ではメンバーからの採用/人事ノウハウのアウトプットも多く、最新トレンドを日々キャッチアップしております。
    •   < オンライン動画 一部 >
notion image
             
    < ブログ 一部 >
notion image
 
  • 社内イベントの一つに「合宿」というものがあり、1ヶ月に数回ペースで日本に存在しない採用/人事ノウハウをゼロから創る機会を設けております。 
    • ポテンシャライトのノウハウはほぼ合宿で生まれております。
    •  

4. 取引が確定してから最短でどれくらいで支援開始できますか?また取引期間の規定を教えてください。

 
  • 開始日は毎月月初の1日とさせていただくことが多いです。
  • 急ぎで支援を開始希望の場合は月中での開始も可能です。
    • この場合は日割りでご料金を頂戴しております。
    • ただ、この場合は取引初月は、契約期間には含みませんのでご認識ください。
      • 例えば7/8に取引開始で契約期間が3ヶ月の場合、7月(取引初月)は含まず、10月が契約終了月となります(8〜10月)。契約は1ヶ月ごとの自動更新ですのでご認識ください。
      • 契約終了日は「月末最終日」とさせていただいておりますのでご認識ください。
 

5. 取引開始をしたい場合はどのような手順でしょうか?

  • 別途まとめておりますので、こちらをご覧ください。
 
 

6. 取引途中で支援内容を変えられますでしょうか?

  • はい、可能です。
    • ただ、支援内容によって料金が変動しますので、金額が多少前後するかと思います。
    • また、採用手法の入れ替えについては、運用するための設計業務が必要なため、3万円を頂戴しておりますのでご認識ください。
    • 支援内容の「停止」は別規定になりますのでご認識ください。
    •  

7. 料金について

別途料金表がございます(共有しているかどうかは場合に寄りけりではございますが)。
当社は「採用手法ごと(媒体など)」でご料金を増減させています。採用手法数が多ければ料金も上がります。また、採用手法ごとに支援難易度/工数が異なるため、料金を変えています。
ご注意点としては、「採用手法が1つ」の場合のみ200,000円を頂戴しておりますので、ご認識ください。
※150,000円と設定している採用手法(媒体)があるのですが、1媒体のみの場合は200,000円を頂戴しておりますため、ご認識ください。
 

8. 支援中の連絡手段はどのような手法でしょうか?

  • 連絡手法はSlackにてお願いしております。
    • Slackでシェアドチャンネルを作成し、お互いのワークスペース内でチャンネルが存在するイメージです。
  • またドキュメント作成はGoogleドキュメント、シート作成はGoogleスプレッドシートを用いております。
    • その他、多数ツールを用いておりますが、皆さまに使っていただくツールは前述したツールになるかと思います。
notion image
 

9. ポテンシャライトの各サービスについて詳しく教えてください。

  • 支援内容全般は下記をご覧ください。
notion image
 

10. 取引後の定例ミーティングはありますか?また、どのような内容でしょうか?

  • 基本的には週1回、または隔週で定例ミーティング実施をお願いしております。
    • 支援内容によってミーティング頻度は異なります。
  • 時間は30分程度でコンパクトに実施することが多いです。ただこれも内容によっては31〜60分の実施になることもあります。
  • ミーティングのファシリテーションも当社が実施いたします。
  • 内容について
    • アジェンダは当社が作成いたします。御社にアジェンダをご準備いただくことはあまり発生しません。ただ情報提示をしていただく、資料をご準備いただくなどは発生いたします。
    • 内容は支援内容によって変動しますが、主には「課題解決」「進捗確認」です。
    • 「課題解決」は、支援における課題を提起し、原因/施策のご提示をすること。
    • 「進捗確認」は、プロジェクトにおけるto doの進捗が期日通り進んでいるかの確認です。
    • notion image
      notion image
 

11. ポテンシャライトの同業さんとの違いはありますか?

  • いくつかポジショニングマップを作成しておりますので、下記いたします。
notion image
 
notion image
 
notion image
 
notion image
 
  • テキストでも記載いたします。
    • スタートアップ/ベンチャー企業のHR支援に特化をしていること
      • それが故にエンジニア/デザイナー採用に強みを持っています
      • (もちろんビジネスサイド/管理部門職の採用も問題ありません)
    • 思想重視であること
      • ポテンシャライトのMissionは「Grow up Ventures」。Visionは「ベンチャー採用/転職のstandardをポテンシャライトに」です。何よりも思想を重要視しており同業様との大きな違いになっているかと思います。
    • 支援内容範囲が幅広いこと
      • 採用領域の支援に強みを持っておりますが、採用戦略/採用マーケ/設計/運用/CX/人事組織など幅広く支援が可能です。
      • また後述しますが、新しいサービスを永続的に増やすカルチャーがあるため、数年後のサービスラインナップは倍増をしているかと思います。
    • 「コンサル屋」では無いですし「運用代行屋」でもありません
      • 「コンサルティング業務がメインですか?」とご質問をいただくことがありますが、ポテンシャライトは「お客様の現在のニーズにマッチをすることを全て担当する」というスタイルです。そのため、顧問契約を結ぶこともあれば、戦略支援〜実行支援まで、また実行支援のみ、などもございます。
    • 完全に独自のノウハウを創造しています
      • ポテンシャライトは顧客の課題解決で成功したノウハウを次々とノウハウ化しております。社内では「ゼロイチ」と呼んでおりますが、他社様のノウハウを転用することは一切なく、独自のノウハウを創造し続けております。
    • 海外の企業をベンチマークしております。
      • 採用領域はクロアチアにある企業。人事組織領域はカナダにある企業をベンチマークさせていただいております。2020年に2社様と出会ったのですが、その際にノウハウの数の差があったのですが、2021年6月現在はノウハウの差は無くなっていると自負しております。
      • 日本はあらゆる業界においてアメリカ/その他先進国の手法をイミテーションをすることが多いと感じておりますが、ポテンシャライトは世界で最も優良な採用/人事組織ノウハウを創造することを目標としております。
 

12. どのような思想(MVVC)でしょうか?

  • MVVCとは、Mission/Vision/Value/cultureを指しています。
    • ポテンシャライトはMVVCを重要視しております。
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
 

13. ポテンシャライトの採用基準は何でしょうか?

(どのような人材が集まっているのかをお知らせする目的で本項目を記載しております)
  • 採用基準は大きく3つに分けられます。
    • Mission/Vision共感
      • あらゆる採用基準を検証した結果、Mission/Vision 共感が最も重要であろうと結論を出しています。
      • 皆さまのようなスタートアップ/ベンチャー企業と同じスピード感/目線で仕事ができるメンバーのみ採用をしております。
    • 仕事への価値観
      • 仕事が好き/仕事への熱量が高いメンバーを採用しています。
      • 前項と同様に、スタートアップ/ベンチャー企業様は”今”猛烈に成長していかなければならない、それに呼応して仕事をしていく必要があるため、仕事への熱量を当然必要とします。
      • また当社が”ベンチャー採用/転職のstandard”をゼロから創っていく意志があり、そのためには仕事への熱量が必要だと考えています。
    • バリュー評価
      • 下記5つの項目の評価基準に置いております。
        • Top insight
        • Honshitsu
        • Impressive speed
        • Aim 120
        • Respect
 

14. スタンス(ポリシー)について

  • ポテンシャライトは「採用代行会社」ではありません。
    • HRパートナーとしてお客様の採用成功のために採用を担当される皆様と伴走させていただきます。
    • 常にパートナーとして採用成功に最適だと考えられることを実行します。
  • 支援内容の変動には極力柔軟に対応させていただきます。
    • ご契約更新のタイミングで母集団枯渇をはじめとした求人媒体の入れ替えが必要な場合、小さな額だけ追加料金を頂戴しておりますが、支援内容を柔軟に変動しております。
    • 加熱し続けている採用市場において、これまで200社の企業とお付き合いさせていただいた知見を活かして最適だと考えるソリューションを適宜ご提案させていただきます。
  • 下記、グラフィックでもスタンス(ポリシー)を作成しておりますので、ご参考程度にご覧ください。
notion image
 
notion image
 
notion image
 

15. スカウト通数について

  • 各媒体においてスカウト通数を変動させております。
    • 通数を変動させている理由は各媒体においてスカウト返信率が大きく異なるからです。
    • スカウト返信率が高い媒体は「1to1」と呼ばれる候補者様にカスタマイズをした文章を追記いたします。
    • スカウト返信率が低い媒体はテンプレート文章を候補者様にお送りいたします。
  • 各媒体別のスカウト送信数
    • Wantedly :スカウト送付数目安は50通/月間
    • Green   :基本的にスカウトは推奨しておりません。「運用」における価値最大化ができる媒体です。
    • Forkwell   :スカウト送付数目安は50通/月間
    • ビズリーチ :スカウト送付数目安は100通/月間
    • LAPRAS  :スカウト送付数目安は30通/月間
      • ※スカウト通数増加:10万円/50~100通(1to1実施可否による)
 

最後に

ポテンシャライトは、日本/世界の採用市場のstandard(ノウハウ)をアップデートしていく使命があると本気で思っています。
これまでポテンシャライトが生み出した採用/人事組織系ノウハウは200を超えており、この半分以上がお客様の"課題"が起点になっており、課題解決をした結果 生み出たノウハウになります。
そのため、何か採用/人事組織系の課題があった場合、内容は問わず是非当社に共有ください。そのノウハウが日本/世界に存在していなければ、ポテンシャライトの独自の視点で新しいノウハウをスピーディーに生み出していきたいと考えております。
 
「共創」
 
というキーワードを掲げ、皆さまと未来を創っていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。